【美髪】aL-ter流・美容に良い食べ物〜髪の毛編〜【食材】

こんにちは!
髪質改善、美髪推進、ヘアケアならお任せください!
福島です。

 

みなさん。

美しい髪のために、何か取り組みをされていますか?

「トリートメントしてる!」
「サロンシャンプーを使っている!」

 

と様々なお手入れをされている方も多いかと思いますが、
今回は、
美容に良い食べ物~髪の毛編~のご紹介です!

 

みなさんも、人生で一度くらいは「体に良い食べ物」を調べてみたり、
子供の頃に親から教わったりしたかと思います。

 

ですがっ!

 

「みかんって、アレでしょ?ビタミンが豊富で・・・」

「にんじんのβカロチンが・・・良いのよね。」

「カボチャは緑黄色野菜だし!!!」

こんな感じの方も多いのではないでしょうか!?

 

 

そこで、大人になった今だからこそ!
 

もう一度きちんと勉強しなおして、
正しい情報と、美味しい手料理で更に
しくなっちゃいましょう♪

 

【髪に良い食べ物】

もちろん第一弾は『髪』に良いとされる成分と、それを含む食材です!

 

まず、髪の毛の成長に必要な栄養素は大きく分けて3つあります。

  1. たんぱく質(ベース)
  2. 亜鉛(たんぱく質の生成)
  3. ビタミン(万能薬)

これらを正しく摂取する為に、要点だけ抑えていきましょう♪

⑴「たんぱく質」

たんぱく質を多く含む食材として、代表的なのが「大豆」ですね!髪の毛のベースとなります。

ここで注意点が!

髪の毛の為に必要なのは『植物性たんぱく質』ですので、
肉や乳製品による摂取よりも、大豆などでの摂取がオススメです!

 

そして大豆に含まれる「イソフラボン」は、抜け毛の原因となる男性ホルモンの抑制に効果があるので、
抜けにくくなるんです!

 

《オススメの食べ物》

納豆、豆乳、豆腐(なるべく豆のままが◎)

⑵「亜鉛」

亜鉛には、たんぱく質を髪の毛にする際必要な栄養分で、

いくら多くのたんぱく質を摂取しても「亜鉛」を摂らなければ意味がありません。

1日あたり、約15〜20mgの亜鉛が必要とのこと。

これ、ちなみに生牡蠣だと2つ、生卵だと3つくらいが目安です。
正直、現実的には、
サプリなどでで補う形がオススメです。

 

《オススメの食べ物》

  • 生牡蠣、レバー、牛肉全般、卵

⑶「ビタミン」

ビタミンといえど、種類は豊富。

そこで福島セレクションの「当たり障りない食材」を、ビタミンと効能ごとにご紹介します!

 

  1. 【ビタミンA】(鶏、豚のレバー)…
    不足すると、地肌の潤いが損なわれます。
  2. 【ビタミンC】(パプリカ)
    コラーゲンを生成して、髪が抜けにくい環境をつくる。
  3. 【ビタミンE】(いくら、たらこ)…
    話題の《抗酸化作用》で、若返り効果✰ &血行促進
  4. 【ビタミンB群】(卵、牛乳、魚)…
    ビタミンB群は、とにかく多種多様。頭皮の新陳代謝にもってこいです。

 

ちなみに、果物にも沢山のビタミンが含まれておりますが、
「糖質」も多いので、普段の食事で補えると良いでしょう。

【まとめ】

まず、髪に必要な成分と、循環を知る。
 

STEP1、ビタミンで土壌(頭皮)を耕し
STEP
2、たんぱく質でできた苗(毛髪)を植え付け
STEP3、亜鉛という肥料で成長させる!

 

この流れに沿って、上記のオススメ食材を摂取できれば、
あなたの頭皮環境も良くなり『美髪美人』になれること間違い無しです♪

 

髪の毛には、長年海藻が良いと言われてきましたが、海藻ばかり食べていても仕方がないのです。

 

『なんやて・・・』


いかがでしたか?
 

食事も髪や頭皮のためにきちんとバランス良く摂ることによって、
美しいそして、綺麗な髪
&地肌が生まれるわけですね。
 

ちなみに、繰り返しになりますが、
ワカメや昆布は、髪の毛をツヤッツヤにしてくれますが、
カラーやパーマをして生まれたダメージには全くもって効果がないので、ご注意ください!

 

以上、髪に良い食べ物の紹介でした!

それではまた☆

福島 優太

福島 優太

aL-ter LieNアシスタントの福島です。

会社情報

タグ

アーカイブ

人気記事

この内容で送信します。よろしいですか?