【Re:>>>】✰人気のシャンプーを徹底解剖〜Re:>>>のすゝめ編〜✰【Re:>>>】

こんにちは!

aL-ter LieNの福島です。

 

前回に引き続き、アルターで大人気のシャンプー、
アジュバン《Re:>>>》シリーズの魅力について、お伝えしたいと思います!

 

 ※前回はシャンプーについての基礎知識編です♪

【Re:>>>】✰人気のシャンプーを徹底解剖〜前編〜✰【Re:>>>】

 

 

アジュバンというメーカーから出ている《Re:>>>(リ)》シリーズ。

 

知る人ぞ知る、リピート率が非常に高いシャンプー。
何がそこまで良いのかをまとめてみました♪

 

【Re:>>>の理念】

リ・シリーズは元々、現場で働く美容師向けの「業務用シャンプー」として開発されました。

美容師の職業病「手荒れ」が起きないように、
手荒れしている美容師でも安心で痛くないシャンプーがこのリ・シリーズなのです。

 

そして『毎日のシャンプー&トリートメントによってやさしくケアしながら、本来の健やかさを取り戻すこと(中略)』というブランドメッセージのもと、皆様の髪の毛が美しくなるよう、
顧客向けに店舗販売が始まりました。

 

【Re:>>>】をオススメする理由

さて、ここからもっと詳しく解剖していきましょう!

 

①主成分

Re:>>>は、《糖》と、《ミネラル》が主な成分。

あれ?と思った方、勘が鋭い!

そうです!

病院で打つ"点滴"、つまり『体液』と全く同じなんです。

 

さらに、91%の天然成分が配合されており、
肌や髪に悪影響とされる化学物質が極端に少ないのも特徴です。

②洗浄成分

基準となっているのが、2種類のアミノ酸系界面活性剤と、
1種類のベタイン系界面活性剤の合わせた3種類が配合されています。

 

この3種類、もちろんそれぞれにメリットがあり、
《低刺激(クレンジング効果+保湿)・泡立ち・赤ちゃんにも安全》という贅沢界面活性剤なのです!

 

緑色の一番ベーシックな『Re:>>>シャンプー』は、この絶妙な配合のお陰で、
万人の方に受け入れられるシャンプーとなっております。

③香り

基本的に"天然由来"の成分ばかりなので、髪に有害な香料は入っておりません!

更に「アロマ」の香りなので、お風呂で非常にリラックスした状態でシャンプーでき、
開いた毛穴からごっそり汚れを取ることができます♪

※種類によって香りが異なります。お好みのシャンプーをお選びください♪

④その他特徴

補修補修と、ダメージケアばかり目を向けがちですが、
意外と盲点なのが
「水分量」

お肌と一緒で、毛髪にも潤いがないとパサついたり、うねったりしてしまいます・・・。

 

しかし、リ:シリーズではしっかりと保湿してくれるので、
くせ毛の方もまとまりあるサラサラヘアーになれるって訳です。

 

そしてさらに、大事な補修効果成分も、ちゃんと入ってます!

 

なんと、8日間使うだけで、
髪と地肌を「弱酸性」に近い状態へ戻してくれるんです♪

 

カラーやパーマなどをした髪の状態は「アルカリ性」に傾いています。

このアルカリに傾いたまま放置してしまうと、それだけでダメージの原因となってしまうのです。

 

嬉しい副作用として、カラーの色持ち・パーマのリッジ持ちも良くなりますよ♪

 

リ:シリーズで洗えばダメージの原因から解決してくれるので、
本来の健やかな状態へと導いてくれる訳ですね♪

 

▼▼▼補足▼▼▼

補修効果といっても、補修成分が入っている訳ではなく、

あくまでここで言う「補修」とは、《アルカリ性→弱酸性》に戻す作用のことで、

きちんと補修成分のはいったトリートメントを使う事をオススメします!

【リ:シリーズのラインナップ】

 

リ:シリーズは全部で5種類のシャンプー&トリートメントがあります。

それぞれに役割があり、それぞれに特化した部分があるので、
一人一人に合ったシャンプー&トリートメントをお選びいただく事ができます。

 

香りの好みなどあると思いますが、悩みを解決する目的だとしたら、

美容師(プロ)のカウンセリングの元、お選びいただくのが一番だと思います!

 

・・・さて、二部作に渡り長々とアジュバンの【Re:>>>(リ・シリーズ)】を徹底的に解剖してみましたが、

 

 

皆さんの心に、ちゃんと届いたでしょうか・・・?

 

 

それぞれに合ったシャンプーを、使って満足していただければ本望です!

 

 

次回は、

 

 

をお伝えします。

 

次回のシャンプー徹底解剖をお楽しみに✰

それではまた!

福島 優太

福島 優太

aL-ter LieNアシスタントの福島です。

会社情報

タグ

アーカイブ

人気記事

この内容で送信します。よろしいですか?