Original

【知って得!】朝の寝グセを直すコツ☆

こんにちは!
アルターリアンの村田です☆

 

毎朝のスタイリングって大変ですよね…

特に何をするわけじゃなかったとしても、
とりあえず、寝グセはなんとかしなきゃ。


でもこの寝グセが厄介…

そこで今回は、そんな、
【寝グセを直す方法とそのコツ】
お伝えしていこうと思います!             


■寝グセがついてしまう原因って?

寝る前にしっかり髪を乾かさなかったり、
乾かしたつもりでも、地肌や内側がうまく乾いていなかったりすることが原因。

寝ている間に頭の重みで枕に押さえつけられ、
根元が変な方向に向いたまま乾いてしまうので、寝グセがついてしまうのです。

 

しかも、これは髪が「濡れている状態」から「乾いた状態」になる間に、
髪の内部が水素結合をして、いわば“変な形のまま固定される”ため
なかなか直らない状態へ。

人によってはスタイリング剤で半ば無理やりおさえたり、
アイロンを使って直す方もいると思いますが、

時間が経つといつの間にか変な方向にハネたり、
膨らんでしまっている…なんてことになっていませんか?


■ 直すのは“水の力”

寝グセを直すためには再び水素結合を戻す必要があります。
 

つまり、一番有効的なのは、

髪を濡らすこと


寝グセがついて固まってしまった髪の水素結合を、
髪を濡らして、ドライヤーをかけ直してまっすぐに整えます。

 

☆ポイント☆
根元から濡らすこと!

『水で濡らしても、寝ぐせがなかなか直らない!』

そんな方。それ、ハネてる毛先だけ濡らしていませんか?

寝グセは根元に癖がついていることがほとんどなので、
直すべきところは実は
根元


つまり、癖のある部分だけではなく、
生え際から濡らしましょう!

そして次に、濡れた状態の髪をクシやブラシで、
流したい方向に軽く梳かしましょう。

梳かすことで、毛流れが整います。

後は、毛先に向かって軽く引っ張りながら、まっすぐ乾かしていきます。


いかがでしたか。

こうして一つ一つ見ていくと、手間に感じるかもしれませんが、
寝グセの原因と、直し方を知るときっと無駄な時間も減るはずです☆

ポイントは、直したいところだけを、
根元から濡らして乾すこと。

 

もちろん、一人ひとりの髪質や、持っている髪のくせによっても
スタイリングの最適な方法もたくさんあります。

気になる方は、ぜひ一度
アルターリアン村田までご相談ください!

 

それではまた☆

村田 久美子

村田 久美子

アルターリアン スタイリスト☆村田 久美子 モットーはその人らしいキレイ、可愛い、カッコいいをつくること☆です!

会社情報

タグ

アーカイブ

人気記事

この内容で送信します。よろしいですか?