Original

【髪質改善隊☆】トリートメントの基礎知識

こんにちは!
aL-ter LieN アシスタントの福島です。

 

髪のコンディションに悩める全ての女性(あるいは男性)へ…。
まずは“正しい知識”を知ってみてはいかが?一緒に髪質改善めざしましょう!

ということで、【アルターの髪質改善隊】発足です!

 

今回は、トリートメントについて!
 
美容室でカラーやパーマ・縮毛矯正などをすると、必然的にダメージは生まれてしまいます…

「髪がパサパサ・・・」
「切れ毛と枝毛が・・・」
「この広がりどうにかしたい!」

といったお客様の声もちらほら。

 

そんな時、解決策の一つとして上がるのがトリートメントですね!

「家でもちゃんとトリートメントしてるよ!」

というそこのあなた!!!

 

トリートメントの正しい知識をご存知でしょうか?
今、ご自宅で使用しているその“トリートメント”の実態はご存知ですか?


せっかくならば、自分にとって最高な相性のトリートメントを知り、常に輝ける美髪でありたいとは思いませんか!
ということで、トリートメントの基礎知識。改めて見て見ましょう!
  

【トリートメントの種類】 

 

ひとえにトリートメントといえど、皆さんが聞いた事のある“トリートメントと呼ばれるモノ”は、いくつかあると思います。

一般的に、世の中に出ているモノでは、トリートメントは主に<3種類>あります。
それぞれの効果効能を詳しく見てみましょう♪
 
※主に、商品の説明書きにある名前を示しています。 


1、リンス
リンスとは、直訳で「すすぐ」という意味。
市販品で多くのトリートメントはリンスであり、髪の表面を“シリコン”などの成分で、コーティングして保護。髪のツヤ感や帯電防止という効果があります。

2、コンディショナー
リンスよりも、コーティング作用の強くなったのがコンディショナーになります。したがって内部補修などの効果はありません。 

3、トリートメント
トリートメントは髪の表面だけでなく、内部にまで成分を浸透させ、髪に栄養を与えます。 そして、ダメージを補修したり、質感のコントロールまでしてくれます。  

 このように<3種類>を比較すると、使い方も変わってきます。 

髪の毛の中間~毛先(毛先から3分の2)に、適量をしっかりと馴染ませるのは変わりませんが、リンス・コンディショナーに関しては、髪の毛の表面にしか作用しないので、残念ながら放置しても効果は変わりません。

 

しかし、トリートメントの場合は、しっかり内部まで成分を浸透させるため、よーく揉み込んだら5~10分放置した方が効率があがります。(放置し終わったら、ヌメリが残らない程度にしっかりと流しましょう♪)
 

   

【選ぶならどれ?】

 リンス、コンディショナー、トリートメント。 それぞれに合った価値が、それぞれあります。 では、違いが分かったところで、自分は何を使えばいいのか、疑問ですよね。 でも、このこの【髪質改善隊】からの答えは1つ!

トリートメントを選んでください!

 

 

なぜなのか・・・ 

「別にダメージないし、カラーやパーマなどしてないし・・・」
「リンスかコンディショナーでも良い気がするけど?」 

 

って、思いますか? 

でも、例えば、思い出して見てください。
本当は、毛先までなめらかな手触りの髪になりたいから、コンディショナー使ってるのに、逆にごわついたり、髪がギシギシになったり、さらには根元や毛先がベタついたりしていませんか?

この現象。実は、 シリコンが原因なのです。

「うちは、市販のノンシリコンのだから、この話とは無縁だわ!」

って、思った方。本当にそうでしょうか?
それ、ノンシリコンなのは、
シャンプーだけではありませんか?

実際、美容室で取り扱っているトリートメント剤のほぼ100%にシリコンは入ってます!
ですが「種類」が違うのです!

【シリコンの種類】

※シリコンは日常生活において、様々な分野で使用されておりますが、使われすぎているので今回は割愛します!
シャンプーや、トリートメントに関係するシリコンは、『水に溶けやすいシリコン』『水に溶けにくいシリコン』の2種類に分けられます。

 

サロン用のシリコンは主に前者が多く、市販品のシリコンは後者が用いられる事が多いです。 それぞれの特性はというと、


  • 水に溶けやすいシリコン…分子のサイズが小さく、髪に接着する面積が少ないため、落ちやすい。
  • 水に溶けにくいシリコン…分子のサイズが大きく、髪に接着する面積が広いため、髪の毛に残りやすい。

この違いが、しっかりトリートメント(もしくはリンス)しているのに、違和感を感じる要因なのです。

【結局どうすればいいの?】

結論は、「本気で髪の毛の状態を良くしたい」とお考えの方は、やはり、美容室で美容師のカウンセリングの下、自分に合ったトリートメントをするのが1番効果的です。


もしくは、水溶性(=水に溶けやすい)のシリコンが入ったトリートメントを、ご自宅で使うことを推奨します。

また、市販品に多く含まれるシリコンは髪に残りやすく、手触り以外にもカラーやパーマなどの施術の妨げになってしまうことが多いので、市販の商品を使う場合は、美容室で「※シリコン除去」をして、“素髪”の状態にしてあげることを併用する、という方法もあります。

※シリコン除去=炭酸泉や、頭皮用のクレンジングなどで大抵は落ちます。

 まとめ

理想の髪質はひとそれぞれ。
髪質改善隊としては、プロの知識をもとに最適なトリートメントができる

【サロンでのトリートメント実施】

をオススメしますが、正しい知識を知ることで、ご自宅でも理想の髪質に近づくことはできます!

 

 
もし記事をご覧になって、髪を良い状態に・理想的な髪質にしたいという方は…

次回の【髪質改善隊】の記事をご覧ください!

※次はアルターで取り扱っている、『システムトリートメントの紹介』です!

では!

福島 優太

福島 優太

aL-ter LieNアシスタントの福島です。

会社情報

タグ

アーカイブ

人気記事

この内容で送信します。よろしいですか?